10月例会を開催しました。

担当委員会
総務広報委員会

開催日時
2017年10月28日(土)12:30~15:45

開催場所
会場名 みどり農園
住 所 京都府綴喜郡井手町多賀小払1
電話番号 0774-82-2654

事業背景
我々は組織の一員として与えられた役職、職務を全うする責任があります。時に、JC活動と仕事、家庭の優先順位をつけることが大変難しく、自分を取り巻く人たちの理解があってこそ日々の活動を行うことができます。責任感、自身の成長、理由は様々ですが参加してこそのJC活動です。今こそメンバー自身がJC活動をなぜ行わなければならないか再確認する必要があります。

事業目的(対内)
今まで以上にJC活動に真剣に向き合う契機とすることを目的とします。

10月例会を開催しました。
今回は総務広報委員会の担当例会となります。

新しいメンバーが多くなってきた中でメンバーのJCに対しての温度差があると感じていました。全員がJC活動を見つめなおす契機としてもらえれば話し合える場になればと井手町のみどり農園にてバーベキューと餅つきを行いました。
 
事業はあいにくの雨となりましたがみどり農園は屋根付きのステージもありセレモニーも問題なく行える自然あふれる会場です。
まずはセレモニーからのスタートです。
  
恒例の3分間スピーチは谷川君と古林君が「JCで学びたい事」をテーマに話してくれました。
事業はみかん狩り・柿狩りからのバーベキューという進行ですが深いテーマがあります!
自己修練の場であるJC活動に参加する以上は今の環境から一歩上を目指してもらう必要があります。
コンフォートゾーン(現状あまんじている居心地のよい環境)からの脱局というテーマで今後の活動に対する姿勢を見つめなおしてもらいました。
趣旨の説明が終わり皆でみかん畑に移動です。途中山道がかなり急なので注意が必要です。

自然を感じながら和やかのムードでバーベキューへ。
 
途中で餅つきも行いました。

最後に本日の例会で感じたことを肯定的な言葉で断言して意識を高める
アファメーションという手法でこれからのJC活動について発表してもらい
事業は終了となりました。