【開催報告】6月OB・懇親例会を開催致しました。

実施委員会:総務広報委員会
実施日時:2018年6月15日(金)

事業実施に至る背景。
現在の山城青年会議所が活動を行うことができるのは、先輩方が42年間の活動で構築された成果の賜物です。メンバーの活動意識が高まった強固な組織を作り上げるには、先輩方が受け継いでこられた山城青年会議所の志を継承し、先輩方から協力していただくことが必要です。今こそ、歴史を持つこの組織で活動することの意義と重みを感じ、今後積極的にJC活動に取り組む人材を育成いたすため開催いたしました。

 

 

理事長挨拶からこの6月例会は始まりました。

そして、この6月例会に新しくご入会されました 中村哲君です。
今後ともよろしくお願い致します。

そして、3分間スピーチを行いました。
テーマは「私の尊敬する人。」です。
スピーチ者は、地域活性プロデューサー育成委員会 副委員長 中西裕紀君と生涯の友発掘委員会 副委員長 藤原庸貴君です。

そして本事業である事業趣旨説明を総務広報委員会委員長 片岡哲也君が行いました。

 

そして、OB会長×理事長 トークセッション

テーマ「君はなんのためにJCをするのか!!OB西島誠先輩×堀理事長 魂のトークセッション」

(一社)山城青年会議所第15代理事長、公益社団法人日本青年会議所近畿地区京都ブロック協議会第21代ブロック会長を経験されたOB会長である西島誠先輩に講師としてご登壇いただき、堀理事長とトークセッションをしていただきました。

現在の山城青年会議所を取り巻く状況は、特別会員の皆様が経験された時代とは大きく異なっていますが、どの時代にも青年会議所活動を一生懸命行い、リーダーとしてメンバーを引っ張ってこられた先輩方がいらっしゃったおかげで、現在の山城青年会議所が存在し、現役メンバーが活動することができています。

そこで、なぜ西島先輩が青年会議所活動を一生懸命におこなってこられたかをお話いただきまして、堀理事長にも自分の青年会議所活動にかける想いをお話していただきました。

そして質疑応答。

そして専務理事、辻紘一君によるこの日ご講演いただきました西島OB会長に謝辞を行いました。
改めまして、西島OB会長、貴重なお話等ご講演を誠にありがとうございました。

そして、特別会員(OB)の皆さまをお招きし、膝と膝をつき合わせ現役、特別会員と共に懇親、絆を深めました。

特別会員の皆さま、誠にありがとうございました。