新年挨拶

一般社団法人山城青年会議所
第42代理事長 堀 恭介

新年のご挨拶 

 新年明けましておめでとうございます。新年の初春をご家族または親しいご友人と共に健やかにお迎えになりましたこと心よりお喜び申し上げます。2018年度新しい年を迎えるにあたりまして、2017年度は、一般社団法人山城青年会議所活動エリアであります3市4町1村の首長をはじめとされますご縁をいただいた皆様に心から感謝申し上げます。また、我々が発信させて頂いた事業に多大なるご協力をいただいた皆様にも心より感謝申し上げます。さて、本年度山城青年会議所では、恭心報恩~感謝の心が自分を磨き、恭敬の心が人を育てる~をスローガンとし、我々が住まうこの山城地域を心から愛す青少年の育成、また、防災、減災の観点から、災害弱者に方々にスポットをあて、地域で協力し合う街づくりを目指し、繋がりを強固なものとし、また、青年会議所のネットワークを活かした事業を構築することで今後起こりうるかも知れない災害に向け取り組んで参ります。そして、山城青年会議所創設からの理念であります、山城はひとつに向け、特別会員の皆様との連携を強固なものとすることで、40名と少ないメンバーでも地域に多大なる影響を与えられる組織を目指し、一丸となって活動を展開してまいります。また、2018年度山城青年会議所を理事長として、牽引させて頂くにあたり、これまで、育てて頂いた組織、諸先輩方に感謝の気持ちを常に抱き、私自身が経験を語り継ぐ事で、41年間紡いできた心を繋ぎ、これからも地域を牽引できるリーダー育成を通じて地域発展に寄与して参ります。結びに、2018年度人と人との繋がりを重んじ、感謝の気持ちをもち、強固な地域になることを心より祈念申し上げ新年の挨拶とさせて頂きます。