地域活性プロデューサー育成委員会活動方針

委員長 岡田 政司

 一般社団法人山城青年会議所は、「山城は一つ」と捉えたまちづくりを理念とし、地域を牽引できる人材育成に力を入れてまいりました。その中で、行政や地域の団体の方と活動してまいりましたが、さらなる山城地域の活性化には、多くの方を巻き込み協力することが必要です。今こそ、我々は多様な魅力ある人たちと共に山城地域の活性へと想いを一つに活動できる人材へと成長しなければなりません。

 まずは、会員が青年経済人としての自覚を持って対外の方と積極的に交流するために、自身が目指す人物の理想を考える討論や交流を通して話し方の基本やマナーを習得し、青年経済人としてふさわしい振る舞いを身につけることで、自信を持って対話できる人材となります。そして、行動を起こそうとする自身の考えが他者から共感を得るために、これから地域を牽引される青年と共に、自分の想いを素直に伝え賛同を得られる表現の技術を習得し、説得力のある言動と行動を身に付けることで、信頼される人材になります。さらに、山城地域に住む多くの方が自分自身の役割を自覚していただくために、これまで山城地域に貢献する活動を展開してきた方の手法や心構えを知り共感することで、地域を活性化させる気概を持った人材となっていただきます。また、未来に向けて山城を創造する意識を高めるために、地域で活躍されている様々な人と協力しながら活性化の一助となる活動を展開し、連携の必要性や将来の目標を明確にし、地域に貢献できる感覚を身につけることで影響力を持った人材になります。

 私は、この1年間を通じて、この委員会の先頭に立ち、同腹一心の気持ちで挑戦してまいります。あらゆる体験を通じて、それが困難であっても挑戦することが会員の大きな成長に繋がると確信しています。私を信頼して任せていただけるよう全力を尽くし、協力いただけるすべての方に恭心報恩の心で邁進して参ります。

 会員諸兄のご理解とご協力をお願い申し上げます。