副理事長運営方針

副理事長 上村 卓也
(次代の宝育成委員会担当)

 

 現在、山城地域の子どもたちは少子化・核家族化・情報化の進展や社会発展により、他者との繋がりが薄れつつあります。我々は、子どもたちの良好な人間関係を構築する力と、主体的に物事へ取り組む力を養わなければなりません。本年度、子どもたちの自然や歴史に感動できる豊かな感性と畏敬の念を持つ情操を育み、相手を慮る心と自立心を持つたくましい子どもを育成する土壌を育んでまいります。

 まずは、子どもたちの自己肯定感を育むために、社会を構成する一員としての立ち位置を自覚できる機会を創出し、私たち人間が自然の恵みによって生かされ、脈々と続く数多の先祖の繋がりで存在することを学ぶことで、良好な人間関係を構築する力を育んでまいります。そして、子どもたちが自らの行動に責任を持ち、感謝の心を持つ大切さを感じていただくために、心を育む体験活動を展開することで、相手を慮る心を育んでまいります。さらに、子どもたちの豊かな感性と畏敬の念を持つ情操を育むために、山城地域の自然や歴史・文化を通じて、日常や学校生活では経験ができない成長の機会を提供し、自立心を持つたくましい子どもを育成してまいります。また、これらの運動や活動を通じて相手を思いやるコミュニケーション能力を育み、主体的に物事へ挑戦できる青少年の育成に取り組んでまいります。様々な社会問題が山積し、子どもたちにとって希望ある未来を描きにくい時代だからこそ、我々親世代であるメンバーが、将来に明るい展望を抱き、夢や目標に向かって邁進し、子どもたちに希望を与えていかなければなりません。

 私は、次代の宝育成委員会担当者として、自分自身が確固たる信念と倫理観・道徳観を持って主体的に行動し、子どもたちの手本になるよう活動してまいります。そして、メンバーと共に共創し、山城地域の子どもたちが今以上に夢や希望を抱ける笑顔溢れるまち「山城」へと変革を起こしてまいる所存です。

 会員諸兄のご理解とご協力をお願い申し上げます。