次代の宝育成委員会活動方針

次代の宝育成委員会 委員長 片岡 哲也

 

 一般社団法人山城青年会議所が活動するこの山城地域は、時代の変化により、新しいメディア技術の発達や家族、地域のつながりの希薄化、価値観の多様化が進んでいます。その中で自分の行動に責任を持ち、相手の立場を考え、自主自立の精神を持って何事にも果敢に挑戦していく人材が求められています。今こそ、他者を思いやる心を持ち、自主的に行動するたくましい青少年を育成する必要があります。

 まずは、他者に対する思いやりの心を持つことの大切さを意識していただくために、子どもたちと責任世代の親たちを対象に、命の大切さを実感する体験を通じて、自分が様々な人や自然の恵みのおかげで生きていることを感じていただきます。そして、子どもたちが相手を思いやる気持ちを持ちながら、自主的に物事に挑戦していく姿勢を身に付けるために、山城地域の自然や歴史、文化といった素晴らしい地域資源に触れ、仲間と協力することで、目的を達成できる体験を実施致します。そして、これらの運動や活動を通じて、大人たちは思いやりの心を持ち自主的に行動する子どもたちにとって模範的な存在になっていただきます。さらに、自分が関わる人たちへの思いやりの心を持ち、率先して行動することの大切さを意識していただくために、一年間メンバーが共に創り上げてきた活動の成果を検証し、山城青年会議所が受け継いできた伝統を次代へ伝えます。また、子どもたちのたくましさを育むために、一年間を通じて山城地域の子どもたちに大きな驚きと発見を与え、子どもたちが未来に対して希望を持てる活動を展開してまいります。

 私は次代の宝育成委員会の委員長として、子どもは大人を写す鏡であることを心に刻み他者を思いやる心を持ち、率先して考動する模範的な大人となり、委員会一丸となって「山城は一つ」へのあくなき追求を共に創りあげて参ります。

 会員諸兄のご理解とご協力をお願い申し上げます。