専務理事運営方針

専務理事 尾形 賢

 

 一般社団法人山城青年会議所は、本年度「共創」のスローガンの元、次の5年へ向けた新しいスタートを切ります。地域の方と共に、かけがえのない仲間と共に、まちを、組織を創り上げる。このようなスローガンを掲げられるようになったのも40年に渡って築き上げられた良き伝統が地域から信頼される活動を作りだす基礎になってきたからであります。次代へ向けて「山城は一つ」を追求し続ける組織を継承していかねばなりません。

 本年、山城青年会議所の組織運営では、まず、各会議や事業などにおいてこれまでの歴史から積み上げてこられた活動の基盤がなぜそのように作られたのかの周知を行います。入会間もない会員が多く活動している今日、会員が守るべきJCプロトコルと、個々の活動の意味をしっかりと理解した上で行動することのできる組織を目指します。そして、会員が1つ1つの意味を理解した上で自主性を持って行動できるよう運営することで、地域を変革する組織へと向上させてまいります。さらに、昨年定めたビジョンを遂行するために、理事長所信に示された目的に対して、委員会がまとまって1つの目標を持ち、その達成へ向けて組織として立ち向かうことのできる主体的な活動を展開してまいります。そのために、組織の要を担う正副から、理事そして各会員へと想いが繋がり、共に組織を運営し、事業を創り上げていく情熱を伝播させてまいります。2017年が終わるころには、地域を変革させた達成感を得られ、自身の成長を全員で実感できるよう行動してまいりましょう。

 私は、山城青年会議所で、多くの経験をし、この時代を生き抜くための自らの明確な目標に気づき、共にこの地域を創るかけがえのない仲間を得ることができました。そうした体験を会員全員で共有し、この素晴らしい組織が地域に必要な存在として、永遠に歴史に紡がれていくように価値ある組織を会員一同で共創してまいります。

 会員諸兄のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。