総務広報委員会活動方針

総務広報委員会 委員長 辻 紘一

 

 一般社団法人山城青年会議所が、組織として新陳代謝を繰り返しながらも山城地域より信頼を得て発展してきたのは、組織運営の仕組みを絶やすことなく発展させ、継承してきたことがあげられます。移り変わりの速い激動の時代だからこそ社会の変化に対応すべく常に進化し、山城地域にとってまちづくり、ひとづくりを行う唯一無二の組織として存在価値を高めなければなりません。

 まずは、意思決定の最高機関である総会において組織力を高めるために、出席する権利と責任があることを伝え参加を促進することで、定款に則り厳格に運営いたします。そして、理事会等で効率的な会議を開催するために、各委員長との対話を頻繁に行い協力することで、遅れの無い議案配信や会場の設営といった事前準備を徹底いたします。さらに、地域からの理解を深めより強固な組織となるために、メンバーが一致団結する姿と活動の方向性をより力強く発信することで、互いに協力していける関係を構築します。また、地域を牽引し変革を起こせる組織であるために、メンバーが家族や会社といった周囲からの深い理解が必要であると考え、それぞれが活動しやすい環境を維持できるように努めます。そして、一年間成長を遂げた組織力を継承するために、質の高い実務を行うための心構えを伝えることで、事前に準備できる様に指導を行います。さらに、地域から信頼され興味を持ってもらえる組織であるために、ホームページやSNS、時代に則した媒体を利用し、どの様な人間がどういった活動を行っているかを、深く親しみを持てる形で外部へと発信していくことで進めてまいります。

 私は共創を心に新たなる1年を創り上げていく組織の一員であることの自覚と、厳格な組織運営を行う責任、それらを全うする高い気概をもって行動し、輝く未来の創造へ向かって行動するメンバーを全力でサポートしていける様に委員会メンバー一丸となり活動してまいります。

 会員諸兄のご理解とご協力をお願い申し上げます。