社団法人 山城青年会議所 | JCI

一般社団法人山城青年会議所は京都府南部山城地域のまちづくり団体です

  • →メンバーログイン
2015年度スローガン

Home > 山城青年会議所について

  • やましろのはじまり
  • 2001年~の歩み
  • 未来のビジョン

青年会議所活動のはじまり

1949年、戦後の荒廃した日本を立て直すことは青年としての使命であると明るく豊かな社会の実現を理想とし次代のリーダーとなる責任感をもっ て、お互いに切磋琢磨しようという情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない、青年会議所と改名)設立から、日本の青年 会議所(JC)運動は、始まりました。

共に向上し合って、社会に貢献しようという理念は瞬く間に全国に拡がり、各地に次々と青年会議所が誕生。1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。
現在、全国に700以上の青年会議所があり、約5万人の会員が、JC運動の三つの信条「奉仕・修練・友情」のもと民主主義を守り、自由経済体制の確立に よるよりよい社会づくりをめざして、ボランティアやまちづくりから、行政改革、地方分権などの社会的課題に積極的に取り組んでいます。
さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、国境を越える交流や、地球環境保全など世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。

 
 


 
 

青年会議所活動について

青年会議所には、品格ある青年であれば、個人の意志によって入会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。
会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しさを保ち、果敢な行動力の源泉となっているのです。
各青年会議所の理事長をはじめ、基本的な任期は1年に限られます。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていけます。
青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。たとえば国会議員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出、日本のリーダーとして活躍中です。

 

 
 
 

一般社団法人山城青年会議所(山城JC)について
(京都府南部担当LOM)

 
 
私ども(一社)山城青年会議所は、京田辺市 ・ 木津川市 ・八幡市・ 井手町 ・ 相楽郡の3市4町1村を拠点に活動することができ20歳から40歳までの青年経済人の集まりで、南山城地域を「 ひとつのまち 」として捉え、人間力開発(HD)と社会開発(CD)を基調した修練により「明るい豊かな社会づくり」を推進してまいりました。

(公社)日本青年会議所は、日本JC及び国際青年会議所の機構を通じ国際的理解及び親善を助長し、世界の繁栄と平和に寄与することを目的としています。

このように現在約30名の会員が地域の方々の幸せを願い、青年としての英知と勇気と情熱をもって、明るい豊かな社会を築きあげる努力をするとともに、現在社会を指導するにふさわしいリーダーを育成していくために活動をつづけております。

 

入会はこちら

 
 


  • →入会のご案内
  • →山城青年会議所について
  • →理事長メッセージ
  • →情報公開
  • →活動報告
  • →まちづくり事業
  • →会員研修事業
  • やましろの国いっき祭り
  • 防災連携協定締結
  • やましろの摩訶不思議
  • キャラクター紹介


一般社団法人
山城青年会議所

〒610-0302
京都府綴喜郡井手町井手石橋44
井手町まちづくりセンター椿坂交流棟内
Tel.0774-82-6711
Fax.0774-82-6721
yjc@yamashiro-jc.org